名古屋名物 手作りういろの 艸花庵 養老軒 

養老軒の歴史について

艸花庵養老軒の歴史について           トップページ

 

大正11年 創業
  初代が名古屋は名駅4丁目に店舗兼住宅を建設し、本店を構えました。
  当時の名駅は、ビルはおろか田んぼや畑もあったと聞きます。

 

昭和32年3月6日 法人化 サンロード店 開店
  二代目により、法人化され、また名古屋駅地下街サンロードに支店を設けました。サンロードは名古屋で初めての地下街で、スターティングショップとして、当時は歩くのも困難であったほどの賑わいでしたそうです。

 

昭和60年 本店茶寮を併設
 三代目により、本店に甘味喫茶が併設されました。
 当時において甘味喫茶は珍しく、また質の高い甘味の提供にメディアからも多くの取材を賜りました。

 

平成17年 セントラルタワーズ店 「艸花庵」 開店
 四代目により、名古屋駅併設のJRセントラルタワーズ13階、レストランフロアに3店舗目なる甘味喫茶 艸花庵(そうかあん)を出店しました。レストランフロアは現在に至り盛況で、狭い店舗ながら多くのお客様に足を運んでいただきました。
 またこの頃より、JR東海高島屋「銘菓百選」に納品させていただいておりました。さらには高島屋催事「味百選」からのお声掛けもいただき、4都市の高島屋にて出店させていただいておりました。

 

平成21年〜平成26年 閉鎖
 原材料の高騰や和菓子消費量の減少など、様々な要因により、縮小再出発を念頭に3店舗を閉鎖致しました。

 

平成27年 「艸花庵養老軒」 開店
 五代目により、場所、屋号を変更し、再出発いたします。
 再出発に至ることが出来たのは、まぎれもなくお客様はじめ周囲の方よりの、存続を望む励ましのお声があったからに他なりません。
 変わらぬ味を、決して絶えることなくお届けできるよう、心根を張って精進していく所存でございます。
 お客様のご連絡を、心よりお待ち申し上げております。